station blog


by orange-trefle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

毎日新聞より

浅田真央 まさかの4位も「今はホッと」重圧からの解放感


フィギュアスケート・世界選手権最終日(28日・ロサンゼルス)

 日本人初の連覇への挑戦は、まさかの4位に終わった。
浅田真央が表彰台を逃すのは、シニア転向した05年11月の中国杯以降、21戦目(ジュニア大会を除く)で初めてだ。

b0153841_105297.jpg



 冒頭のトリプルアクセル(3回転半)-2回転トーループは決めたが、続くトリプルアクセルは回転不足で転倒し、中盤の3-2回転連続ジャンプは二つ目が回転不足。演技後は「今はホッとしているのと、うれしい気持ち。トリプルアクセルに失敗してしまったが、その後に引きずることなくできた」と話した。連覇を期待された重圧からの解放感がうかがえた。

 3位だった2月の4大陸選手権から続く不調。ジャンプ失敗よりも、滑りにスピード感や伸びやかさが乏しいことが懸念される。表現力などを問うプログラム構成点は金妍児に5.52点差もつけられた。伊東秀仁・フィギュア部長は不調の要因を「プログラムが難しい」と推測する。

 「先生(タチアナ・タラソワ・コーチ)と相談して来季につなげていきたい」と浅田真。バンクーバーで笑うために、今は悩んでもいい。



                   プレッシャーとの闘いですよね・・・
                   真央ちゃん、いつも応援してますよ~
[PR]
by orange-trefle | 2009-03-30 00:51 | ニュース・記事